2/19 #おたがいハマセミナー #ICTお助け隊 インタビュー編 vol.2:坂佐井雅一さん(協同労働協会OICHI)

2/19 #おたがいハマセミナー #ICTお助け隊 インタビュー編 vol.2:坂佐井雅一さん(協同労働協会OICHI)

#おたがいハマ プロジェクトでは、#ICTお助け隊を結成し、横浜市内の公益的な活動に取り組む団体のICT活用を応援しています。
「ICTお助け隊 #おたがいハマ セミナー」では、市内でICTを活用しているゲストを招き、利活用の具体的な事例やノウハウについて話しを伺うインタビュー編10回と、講座編6回をオンライン配信で実施します。

インタビュー編2回目となる今回は、NPO法人 協同労働協会OICHIの理事長で、横浜市青葉区たまプラーザ駅近くで運営する地元密着型ビジネス支援施設&ビジネスコミュニティ「まちなかbizあおば」の運営や、緑区の「まちなかbizみどり」の運営支援に取り組む坂佐井雅一さんをお招きします。

起業家や起業を考えている人に「地域(住民・行政・商店街・地元メディア等)つながり」と「学び」の機会を提供する活動を通じて見えてきたこと、活動におけるICTの利活用の現状や今後の展望などについてお話いただきます。

<実施概要>
■日 時:2月19日(水) 18:00〜
■参加費:無料
■場 所:YouTube LIVE + Facebook LIVE
■参加方法:ライブ映像はこちらのページから視聴できます。
〇YouTubeライブ

〇Facebookライブ

<登壇者>
坂佐井 雅一氏
特定非営利活動法人協同労働協会OICHI理事長。
高卒出のただのサラリーマンでした。資格は普通免許のみ
家族:妻と子供2人
高校卒業後一身にサラリーマンとして勤め続け会社からは大きな信頼を得るも会社に頼らない、自分のチカラで道を切り開く人生を歩むことに目覚め起業を志す。
一貫して仲間との絆を軸にコミュニティの拡大を目指し、2011 年 1 月にNPO法人協同労働協会OICHIを設立した。
当初都内を中心に活動していたが、自立・起業を目指す人が活躍する場は地域にあるのではないかと思い、2012 年9 月に地域密着の一歩あざみ野ほろ酔い交流会を開催し、8年で 1000 名以上のあざみ野のリアルコミュニティを作る。
2014 年 6 月に青葉区のたまプラーザで起業支援センターまちなか biz あおばを開業し、2020 年 12 月現在 380名の会員組織を作り、地域ビジネスの可能性を実感する。

まちなかbizあおば


横浜市緑区にある地域密着型バーチャルオフィス「まちなかbizみどり」は2020年6月にオープン。地域ビジネス事業として会員と一緒に、地産地消のお土産「丘のよこはま」や健康予防の「あおば元気アッププロジェクト」
など地域の課題をビジネス解決する事業を生み出し、地域で自立・起業を志し、地元で起業する「職住近接」で人生100 年時代を自分らしく働く生き方を推奨している。ビジネスコミュニティのひとつとして「レイラジオ」を展開。毎月1回のペースで地域の情報や、区内で活躍する起業家の声などを届けていく。

https://www.facebook.com/Leoradioyokohama/

<インタビュアー>
◆山口良介
まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.代表
音楽、映像、グラフィック、WEBなどのクリエイティブプロダクションを経て独立。広告業界に長く身を置くと同時に、映像関連本の執筆や、専門学校の講師などを務める。AOI Pro.のグループ会社にて、WEBからリアルコミュニケーションへのつながりを考え、O2O、ソーシャルマーケティングなどで実績を残す。今後の世の中に必要なものは、ホントノコミュニケーションだと考え始め再度独立する。現在はNPO法人の理事長もつとめ、「いつも次を考えています」をキャッチコピーに自身の経験を活かしチャレンジする人を応援する立場に。
専門分野: コミュニケーション全般、クリエイティブ全般、起業など。

まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.

<進行>
◆杉浦裕樹
NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 代表理事
横浜市・YOKOHAMAリビングラボサポートオフィスとの3社協定による#おたがいハマ プロジェクトを推進。ボイスメディア「voicy」で2月16日から「横浜発!ハマ経ラジオ」を配信している。
https://voicy.jp/channel/1575/129236

==================

<参考>
◎まちなかbizみどり本格オープン(NPO法人協同労働協会 OICHI |協同起業支援・バーチャルオフィス)

まちなかbizみどり本格オープン

◎起業支援拠点が本格稼働 セミナールームも初公開(タウンニュース)
https://www.townnews.co.jp/0102/2020/07/02/532624.html

==================
◆ #ICTお助け隊 #おたがいハマセミナー とは
NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボが、NPO法人まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.と連携して、横浜の公益的な活動に取り組む団体のICT支援に取り組むプロジェクト。地域で公益的な活動に取り組む団体、高齢者、障害者等がICT機器を利活用することで恩恵を受け、活動の活性化や豊かな地域生活を送ることができるようにするために、活動拠点や住居から地理的に近い場所で、身近な人からICTを学び、活用できる環境づくりを目指しています。インタビュー編10回、講座年6回の配信を行います。横浜市 SDGs bizサポート補助金事業(ヨコハマSDGsデザインセンター)として実施します。

#ICTお助け隊|サポート

◆#おたがいハマとは
#おたがいハマ は横浜市との3者協定に基づき新型コロナウイルスに向き合う産官学⺠の共創プラットフォームとして、新型コロナウイルスに向かい合う活動の応援・支援や、新しい生活様式の普及・啓発等を目的に、同日より活動を開始しました。現在、コロナウイルス関連の取り組みに限らず広く横浜のSDGsに関連する取り組みなどを紹介しています。

Home

=============
◆#おたがいハマ 参加のお誘い
Facebookグループ「#おたがいハマ コミュニティ|横浜」にご参加ください。新型コロナウイルスに関する情報や、皆さんの取り組みなどを共有していきましょう。どなたでも参加できます。コミュニティから様々な活動が始まっています。現在808人が参加しています(2/17現在)。
https://www.facebook.com/groups/829823894180583/

◆【ご協力をお願いいたします!】DONATION/物資の寄付・寄贈のお願い
新型コロナ対策ドネーション「物資の寄付・寄贈」をよろしくお願いします。介護・福祉・医療の分野でもマスク、防護服、消毒薬などが不足しています。未使用のマスク、防護服(ビニール製レインコート等でも可)、消毒薬、プラスチックグローブ(手袋)などがありましたら、ご寄付をよろしくお願いいたします。

DONATION/物資の寄付・寄贈のお願い

【参考】
#おたがいハマ について:横浜市記者発表資料(2020年5月1日)
▽新型コロナウイルスに向き合う産官学⺠の共創プラットフォーム#おたがいハマを横浜市として支援します
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/seisaku/2020/0501otagaihama.html

主催:横浜コミュニティデザイン・ラボ、YOKOHAMAリビングラボサポートオフィス
協力・支援:横浜市
メディアパートナー:ヨコハマ経済新聞、港北経済新聞、タウンニュース、横浜STORY