[EVENT REPORT] 8/26 #おたがいハマトーク vol.80 横浜青年会議所:高島太郎さん

#おたがいハマ トーク vol.80は、横浜青年会議所 魅力ある地域創造委員会 委員長の高島太郎さんをゲストに迎えます。

横浜青年会議所は8月28日(金)15時から、地域連携が生む横浜の未来や新しいまちづくりについて、経済、NPO、行政関係者らがディスカッションする「第26回横浜経済人会議」を開催します。

また、横浜青年会議所は今年11月に横浜で「2020 World Congress Yokohama」を開催します。

今回のトークは、今後の横浜のまちづくりの方向性について議論する「横浜経済人会議」の企画を担当なさっている高島さんに、会議で目指すところや議論のポイントについてお話頂きます。

後半では、横浜の経済人がこのコロナ禍に於いて、横浜に地域益をもたらす魅力的で持続可能な賑わいを創造していくために、なにが必要なのかについてディスカッションします。

◇   ◇   ◇   ◇

トークレポート
<トーク前半>
横浜青年会議所についてお話を伺いました。横浜青年会議所は1951年に設立。20歳から40歳までのメンバーで活動する団体で、「まちづくり」や「ひとづくり」を通じて、様々な活動を実施します。例えば、横浜開港祭などを実施してきました。

横浜経済人会議についてお話を伺いました。まちづくりに力を入れて活動する横浜青年会議所。横浜の未来に対するまちづくりに関して、社会課題や地域課題をもとに、街の発展のための事業を展開しています。その集大成として、毎年、横浜経済人会議を行っています。今回のテーマは、「責任者が作る新しい横浜の未来」。第一部では、「地域連携が生む横浜の未来」、第二部では、「未来ある横浜の新しいまちづくり」を切り口に、パネルディスカッションを予定しています。今回は、第26回目の実施で、オンラインで開催されます。また、11月3日から7日に国際会議の開催を予定しています。

<トーク後半>
なぜ青年会議所に関わったきっかけについてお話を伺いました。高島さんは、2015年に団体に入りました。当時、繋がりがなく、寂しい思いをしたそうです。また、「同世代の人がどのように動いているのかについて知りたかったのがきっかけになった」と高島さんは話します。また、「活動を通じて、失敗を経験できるし、今の自分の能力を知ることもできる」と話します。また、廣瀬さんも、2015年に団体に入りました。廣瀬さんは最初は団体のことを知らなかったそうです。いざ団体に加わると、社会に目を向け、本当に横浜のことを考えてやっていることが分かりました。

青年会議所の活動はローテーションで、別の事業を担当する仕組みになっています。そのため、毎年フレッシュな気持ちで臨めるが、繋がりが希薄になってしまうこともあるそうです。一方で、地域で活動する団体にリビングラボ の存在があります。リビングラボでは、地域の方々が同じ目的を持ち、活動をするため、地域との繋がりが強く、異なったアプローチを持ちます。8月21日に開催されたおたがいハマセミナーでは、横浜経済人会議に登壇予定の方々がお話をしています。

廣瀬さんは、「コロナはピンチであり、チャンスである。また、みんなで考えるよい機会になる」と話します。「オール横浜」の気持ちが重要と2人は意気込みます。第26回横浜経済人会議は8月28日(金)15時から。YouTubeで視聴可能です。

◇   ◇   ◇   ◇

<実施概要>
日時:8月26日(水) 12:15〜12:45
場所:YouTube LIVE + Facebook LIVE
参加方法:ライブ映像はこちらのページから視聴できます。
〇YouTubeライブ

〇Facebookライブ

8/25 #おたがいハマトーク vol.80 横浜青年会議所:高島太郎さん

 #おたがいハマ トーク vol.80は、横浜青年会議所 魅力ある地域創造委員会 委員長の高島太郎さんをゲストに迎えます。 横浜青年会議所は8月28日(金)15時から、地域連携が生む横浜の未来や新しいまちづくりについて、経済、NPO、行政関係者らがディスカッションする「第26回横浜経済人会議」を開催します。 また、横浜青年会議所は今年11月に横浜で「2020 World Congress Yokohama」を開催します。 今回のトークは、今後の横浜のまちづくりの方向性について議論する「横浜経済人会議」の企画を担当なさっている高島さんに、会議で目指すところや議論のポイントについてお話頂きます。 後半では、横浜の経済人がこのコロナ禍に於いて、横浜に地域益をもたらす魅力的で持続可能な賑わいを創造していくために、なにが必要なのかについてディスカッションします。<実施概要>日時:8月26日(水) 12:15〜12:45場所:YouTube LIVE + Facebook LIVE参加方法:ライブ映像はこちらのページから視聴できます。〇YouTubeライブhttps://www.youtube.com/watch?v=R9QwKsVL_Ms〇Facebook��イブhttps://www.facebook.com/LOCALGOODYOKOHAMA/videos/591411728199764/#おたがいハマ トーク(LOCAL GOOD YOKOHAMA特設サイト)https://otagaihama.localgood.yokohama/talk/ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー<ゲスト>◯高島太郎さん横浜青年会議所 魅力ある地域創造委員会 委員長<参考>▽第26回横浜経済人会議https://www.yokohama-jc.or.jp/activity/%E7%AC%AC%EF%BC%92%EF%BC%96%E5%9B%9E%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E7%B5%8C%E6%B8%88%E4%BA%BA%E4%BC%9A%E8%AD%B0/▽2020 JCI世界会議 横浜 – 2020 JCI World Congresshttps://jp.jciwc-2020.com/_____________________▽お願いFacebookに設置した「【横浜市】#おたがいハマ:新型コロナ感染症対策をテーマにした公民連携プラットホームのオープングループ」にご参加ください。新型コロナウイルスに関する情報を共有していきましょう。どなたでも参加できます。https://www.facebook.com/groups/829823894180583/▽【ご協力をお願いいたします!】DONATION/物資の寄付・寄贈のお願い新型コロナ対策ドネーション「物資の寄付・寄贈」をよろしくお願いします!既にご存じのこととは思いますが、介護・福祉・医療の分野でもマスクや、防護服、消毒薬などが不足しており、現実的に難しい状況になっています。少しでも改善していくために皆様にお願いがあります。未使用のマスク、防護服(ビニール製レインコート等でも可)、消毒薬、プラスチックグローブ(手袋)などがありましたら、寄付をしていただきたいと切にお願いを申し上げます。https://otagaihama.localgood.yokohama/donation/▽新型コロナウイルスに向き合う産官学⺠の共創プラットフォーム#おたがいハマhttps://otagaihama.localgood.yokohama/主催:横浜コミュニティデザイン・ラボ、YOKOHAMAリビングラボサポートオフィス協力・支援:横浜市メディアパートナー:ヨコハマ経済新聞、港北経済新聞、タウンニュース、横浜STORY

LOCAL GOOD YOKOHAMAさんの投稿 2020年8月25日火曜日

#おたがいハマ トーク(LOCAL GOOD YOKOHAMA特設サイト)

トーク&セミナー|番組

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<ゲスト>
◯高島太郎さん
横浜青年会議所 魅力ある地域創造委員会 委員長
横浜市生まれ。現在39歳。未婚。神奈川大学に入学するも家業に勤めるため退学後、家業に入り2014年父親の跡目を継ぎ、代表取締役社長に就任。交友関係を広げるために2015年横浜青年会議所 入会。
青年会議所では横浜開港祭の広報渉外委員会、ひとづくり事業などに従事。
大学を中退し、家族経営の会社で務める中で閉鎖的だった部分が、横浜での活動を通じてたくさんの出会いや繋がりが生まれた事で、もともと大の人見知りで、人と話す事が何より苦手だった自分が、今となってはむしろ聞き役に徹し、どれだけ相手の本意を引き出せるかという形で話をする事が楽しみになり、大変なことも多いが日々学びを繰り返しながら奮闘中。

<参考>
▽第26回横浜経済人会議

第26回横浜経済人会議

▽2020 JCI世界会議 横浜 – 2020 JCI World Congress
https://jp.jciwc-2020.com/

_____________________
▽お願い
Facebookに設置した「【横浜市】#おたがいハマ:新型コロナ感染症対策をテーマにした公民連携プラットホームのオープングループ」にご参加ください。新型コロナウイルスに関する情報を共有していきましょう。どなたでも参加できます。
https://www.facebook.com/groups/829823894180583/

▽【ご協力をお願いいたします!】DONATION/物資の寄付・寄贈のお願い
新型コロナ対策ドネーション「物資の寄付・寄贈」をよろしくお願いします!
既にご存じのこととは思いますが、介護・福祉・医療の分野でもマスクや、防護服、消毒薬などが不足しており、現実的に難しい状況になっています。
少しでも改善していくために皆様にお願いがあります。
未使用のマスク、防護服(ビニール製レインコート等でも可)、消毒薬、プラスチックグローブ(手袋)などがありましたら、寄付をしていただきたいと切にお願いを申し上げます。

DONATION/物資の寄付・寄贈のお願い

▽新型コロナウイルスに向き合う産官学⺠の共創プラットフォーム#おたがいハマ

Home

主催:横浜コミュニティデザイン・ラボ、YOKOHAMAリビングラボサポートオフィス
協力・支援:横浜市
メディアパートナー:ヨコハマ経済新聞、港北経済新聞、タウンニュース、横浜STORY